こどもやスタッフ:りえこさんの想いが詰まったプロフィール

りえこ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
りえこ

2019/4/1から”こどもや”の新しいスタッフとして勤務している

金城 利江子です。

5歳(長女)3歳(次女)1歳(長男)の3児の母で子育て奮闘中です。

 

子供達に関わりたいという想い

『子どもが好き』で、いつか子どもと関わる仕事に就きたい。

とう想いがずっとあり、
社会人になってから保育士・介護ヘルパーの資格を取得。

資格取得後は縁あって
介護と保育の事業所がある法人の高齢者介護の分野で勤務。

独身時代はとにかく仕事に没頭していました。

それから結婚と同時に妊活をスタート。

仕事をしながら不妊の為通院する生活を経て
結婚・妊娠・出産・子育てを経験する中で
その想い(いつか子どもと関わる仕事)は年々強くなっていきました。

 

ふうふやとの出会い

母親になってからの5年間、
不器用な私は仕事・家事・育児のバランスが上手く取れず
自己嫌悪になる毎日。

「元気で笑っているお母さん」でいたいだけなのに・・・
と涙を流すことも。

そんな私にとって、
ふうふやでの施術や講座を受講することは、体と心も元気になれる。

自分自身の体のこと、
家族の健康のこと、
子どもの育ちのことが学べる。

本当に心強い存在でした。

 

代表きのとの出会いとモンテッソーリ

また、昨年はきのさんのモンテッソーリ教室プレコースに長女が通い始め、
子ども自ら成長する力の凄さを感じています。

自宅では妹や弟がいることで、
長女の”やりたい”を尊重できず、
我慢させてしまうことが多い日常。

教室では自分の”やりたい”を集中して取り組むことができる。

その喜びから生まれる、
満足感・達成感は自宅に帰ってからも持続し、
生き生きとした表情で自信に満ちた顔をしています。

そうさせてくれるのも、
安心して見てもらえるきのさんだからこそです。

 

こどもやのスタッフとして

なので、”こどもや”をオープンすることを知った時、
「働きたい!!」

直感的というか、
一目惚れのような感覚で(一目惚れはしたことありませんが 笑)
その想いを伝えました。

私の想いに応えてくれて、
スタッフとして迎えてくれたこと、
本当に感謝しかありません。

私は子を持つ母として、
娘を通わせている利用者として、
働くスタッフとして、”こどもや”が好きです

子どもたちの気持ちに寄り添い、
一緒に考え、一緒に体感し、一緒に成長していきたい。

お父さん、お母さんと共に子どもたちの応援団になりたいと思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
りえこ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です